■プロフィール

YAS.

Author:YAS.

■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■フリーエリア
■ブログ内検索

■フリーエリア

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たったひとつの
月星組との対戦中、ひつぎ様にセリフに「たったひとつの冴えたやりかた」というのがありますが
とある日、本屋に行ったらふと眼に着いた。

「たったひとつの冴えたやりかた」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著

即買い。

読んだあと姉にも貸して、昨日姪達を送って行った時に姉に
「もう読んだ?」と聞いたら「まだ途中」という返事だったんだけど、それを聞いていた姪(下)が
「何の話?」と聞くので本のタイトルを言ったところ
「たった一つの紗枝とミカどん?」と聞き返してきました。

うん、もちろん。


しかし、この姪達、上下ともに数年後には同人デビューしてそうだわ。
読み専か書き手に回るかはともかくとして。
上の方は今年「コミケに行ってみたい」と言って姉(母)に「高校生になってバイトして
自分でお金を稼げるようになったら行っていい」と言われてたし。
下の方は発想が既に同人系っぽいんだな、これが。
う~ん、部屋に置いてある同人誌はチャック付きの袋に入れて見せないようにしていたんだが。

こないだ、下がストシェを読んでいてビビった。
そして、マンガを探していて掘り出したと思われる、隠し忘れていた野薔薇2が
本の山の上に置かれていた時は心底肝が冷えた。


関連記事


日記 | 15:37:49

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。