■プロフィール

YAS.

Author:YAS.

■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■フリーエリア
■ブログ内検索

■フリーエリア

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リアル紅愛再び?&レス
以前、2kgの鉄アレイを両手で持つ、紅愛のような友人の話を書いたことがありましたが、またしても似たような話がありました。

今度のはうちの姪(上)。もともと姪は運動は得意ではない。
ある日の姉からのメールに「(姪が)反復横とびの3回目でコケたそうだ」とあり、しょーがねーなー(笑)と思って続きを読むと、「授業でバレーをやった時にサーブが真後ろに飛び、バスケのゴールを直撃して爆笑されたらしい」と書かれており、思わず吹き出して、「お前は紅愛か!」と突っ込んだ。

コミックス10巻のオマケ読んでたらアンセムが聞きたくなったので、ごそごそ探して久しぶりに聴いた。
う~ん、やっぱEぞうさんのシャウトはいいわあ。


拍手ありがとうございました。
続きからレスです。




>『誘われ攻め』というのは初めて聞きました。『誘い受け』とは違うんですか?
えっと、『誘われ攻め』というのが『誘い受け』とはどう違うのか、一言でいうと、誘い受けは受けが主体で、『誘われ攻め』は攻めが主体です。
誘ってもらえないと攻められない、という意味で自分は10年以上前から使っていました。

当時から誘い受けという言葉はありましたが、弱気な攻めを表す言葉がなくて考えた結果、「誘われなきゃ攻められないんだから『誘われ攻め』でいいじゃん」と思いついて、それ以来使ってました。

質問をいただいて、「自分だけが言っているわけではないだろうけど、確かに周りではほとんど聞かない。果たして『誘われ攻め』というの言葉は同人界では一般的なのだろうか?」と思ってググってみて出てきたはてなキーワードではちょっと意味が違ってました。
読み方も、あっちでは「さそわれぜめ」だった。私の場合は『さそわれせめ』です。

自分の中での『誘われ攻め』のイメージを大まかに言うと
「本当は誘いたいのに勇気がなくて(または拒否されるのがコワくて)誘えない」
「自分からはなかなか手が出せないが、誘ってもらえたら積極的になれる」
という感じ。

今だったら『ヘタレ攻め』というのが当てはまるんじゃないかと思いますが、『誘われ攻め』という言葉を思いついた10年前には『ヘタレ』という単語は、少なくとも自分の周りにはありませんでした。

もしかしたら世間で使われている解釈とは違うかもしれませんが、私はこういう意味で『誘われ攻め』という言葉を使っています。

関連記事
拍手レス | 01:26:29

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。